実習生とは

実習生

外国人技能実習制度

外国人技能実習制度とは、発展途上国の若い人材を計3年間定められた職種で企業が受け入れるしくみです。
法務、外務、厚生労働、経済産業、国土交通の5省共営による公益財団法人国際研修協力機構(JITCO)の指導に基づいて実施します。

制度の目的は、技術実習生に技術等を伝え、その場国の経済発展を担う人材を育成することです。(技術移転による国際貢献)
制度利用により、下記に役立てられています。

  • 技術実習生自身の職業生活の向上や産業・企業の発展に貢献
  • 技能実習生の母国における事業活動の改善や生産工場に貢献
  • 日本の受け入れ企業にとっては、外国企業との関係強化、経営の国際化、社内の活性化、生産に貢献

詳しくはお問い合わせください。

受け入れの流れ

制度概要

お申込み~実習生入国:7か月

  1. (きんきょうから企業様へ)概要説明、打ち合わせ
  2. 求人お申し込み
  3. 現地送出し機関を通じて候補者募集・選定
  4. 企業様による現地面接]
  5. 受け入れ人材確定
  6. 現地送出し機関での事前教育
    • 日本語
    • 日本の生活・文化・習慣
    • 関係法令
    • 合宿・訓練
  7. 書類申請
    • 書類作成
    • 在留資格認定証交付申請
    • VISA申請・修得

実習生入国~帰国:約3年

  1. 組合による講習(入国後約1か月)
  2. 企業様での技能実習
    • 技能実習1号(1年目)
    • 技能実習2号(2・3年目)
  3. 満了帰国

楽しくて、感動する講習をめざす!!

制度上必要な時間数や内容(日本語、生活一般知識、法的保護情報、技能修得に資する知識)はもちろん網羅しますが、
それらをしっかり身につけてもらうために、工夫をかさねています。

  • 聴解力と実務に役立つ日本語能力向上を!
  • 徹底的に聞く、書く、メモを取る、そして考える!
  • 一方通行ではなく、対話形式で!
1

入国日当日。ドキドキ!まずは日本語で自己紹介。メモしなきゃ!

2

社会保険労務士の先生による法的保護情報に関する講習。難しいな~。

3

救命講習。みんな一生懸命です。命を助ける勇気を持とう。

6

消防体験。いつ起こるかわからない災害に備えよう。

4

地震体験。みんな、地震がきたら素早く避難しよう!

5

銭湯に行きました。熱い!!みんなでお風呂は恥ずかしいなー。

7

大阪新世界へ。おいしいものをいっぱい食べるぞー!

9

定番の串カツ。ソースの二度づけ禁止のルールはしっかり守りました。

8

和やかな雰囲気の中での茶道講習。「お、おいしいです(苦笑)」

10

奈良公園見学。たくさんの鹿たちに囲まれてみんな人気者だね。

11

大阪城見学。お城を前にワンショット!

12

大阪城公園にて。地域のボランティアの方に頑張ってインタビューしたよ。

15

修学旅行生とも積極的に交流をして仲良くなりました。はい、チーズ!

14

懇親会にて。満開の桜の下でみんなキメちゃいました!

13

懇親会にて。みんなで食べて、飲んだらやっぱり楽しいなー!

18

打上式にて。「世界にひとつだけの花」を熱唱。もともと特別なオンリーワン~♪

17

打上式にて。脚本・監督・主演が実習生の創作劇。体を張った演技に注目!

16

打上式にて。母国から持ってきたアオザイ。きれいでしょ!?

19 %e8%aa%93%e3%81%84